幼児・子供から大人のための英会話〜英会話教室MLS

たった4日でミュージカル公演!? 本当にできるの?

たった4日でミュージカル公演!? 本当にできるの?

今回はプロダクションクラスを主に担当しているJulie先生のブログです。
訳も載せますが、この機会にぜひ英文読解にチャレンジしてみてくださいね。

4日でミュージカル?!

At our English School, “Model Language Studio”, we have a 4 Day Musical course every summer in the mornings.  This course is always such a great success!  However, often people ask us “Is it really possible to present a musical in just 4 days?”.

The answer is: definitely!  Being an Instructor myself, it is one of my favorite courses to teach.

私たちの英会話教室モデル・ランゲージ・スタジオでは、毎年、夏休みの午前中に「4日間でミュージカル」というコースを開いています。これがいつも大盛況! でも、よく言われるんです。「たった4日間でミュージカルを発表するだなんて、そんなこと本当にできるの?」って。

答は、「もちろん!」です。私自身が指導していることもあって、お気に入りのコースのうちの一つでもあります。

さぁ、初日!

On the first day, we start with a warm up activity called “The Name Game.”  It’s a great ice breaker.  It is the first time we all meet each other, and this is such a great way to learn everyone’s names and to get to know one another a little more.  In a circle, each person says their name with an action, and everyone copies that person.

“But my child is so shy..” some mothers say.

I once had a student who was so shy and couldn’t make an action and whispered their name on the first day for the Name Game.  But it’s totally OK!  On the performance day, this shy girl was speaking and singing in such a loud voice!  What a change!

After warming up, we introduce the story of the play, words and phrases from Scene 1 by playing fun games. We also introduce the song from Scene 1. Then we try it out!

このコースの初日には、まずはウォーミングアップとして”お名前ゲーム”というアクティヴィティーからスタートします。
これは皆の緊張をほぐすには最適なんです。参加者はその日初めて顔を合わせるので、皆の名前とお互いのことをより知るにはこのゲームがぴったり! まず輪になって、一人ずつ何か動きや「振り」をつけて自分の名前を言います。それを他の皆がまねしていくわけです。

「でも、うちの子はとても恥ずかしがり屋なので・・」と、おっしゃるお母様もおられるでしょう。

以前私の生徒さんにも、恥ずかしがり屋さんで初日のお名前ゲームでかたまってしまい、蚊の鳴くような声で名前を言った子がいました。
でも、まったく大丈夫! 最後の発表の日には、そのシャイな女の子がとっても大きな声で話し、歌っていたのですから!すごい変化!

ウォーミングアップの後、劇のストーリーを紹介し、楽しいゲームを通して第1幕に出てくる単語やフレーズを教えていきます。第1幕に出てくる歌も教え、実際に歌ってみます。

楽しく学ぶ2~3日目

On the second day, we warm up, learn new words and phrases from Scene 2, as well as a new song.  We then do a Run Through of Scenes 1 and 2.  The third day is repeating the same thing but with Scenes 3 and 4.  We also have time to make arts and crafts that we could use as props or sets.  “How can my child learn English words and phrases and have fun at the same time?”  Through gestures, repetitions, games and saying the words and phrases in different ways (dynamics), the children learn the English and understand it as well – and it’s so much fun!

2日目もウォーミングアップし、第2幕に出てくる新しい歌はもちろん新しい単語やフレーズも学びます。そのあと、第1幕~第2幕の通し稽古をします。

3日目も同様の流れですが、第3幕と第4幕の練習をします。工作の時間もあるので舞台で使用する大道具、小道具も作ります。

「うちの子が楽しみながら英語の語句を覚える??」
学ぶことと楽しさが両立するなんてありえない、とお思いでしょう。
身振りなどのしぐさ、何度も繰り返し練習すること、ゲーム、単語やフレーズを様々な言い方(たとえば、大きな声 – 小さな声、高い声 – 低い声など…これを「ダイナミクス」といいます)で練習すること、などを通して、子供達は英語を学び、同時に理解していくのです。これがまたとっても楽しい!

いよいよ最終日

Then comes the final day!  We review everything we’ve done, and we make it better!

Somehow, all the students are always able to remember most of their lines and everyone was so involved and working hard, but more importantly, having fun.  At MLS, we always emphasize to the students that it’s OK to make mistakes.  It’s worse if no one can hear what you’re saying.

そうこうしているうちに最終日がやってきます。私たちはこれまでやってきたこと全てをおさらいし、さらに改善していきます!

どうにか生徒全員がそれぞれのセリフをほとんど覚えることができ、皆がしっかり参加して夢中になって頑張ってきました。でも何よりも重要なことは、楽しみながらやってきた、ということです。MLSではいつも生徒に「間違ってもいい」ということを強調しています。セリフが誰にも聞こえない方が良くないからね。

At the end of the last day, we welcome the parents into the room as we get ready to perform. The students suddenly become quiet and there is a sense of nervousness devouring the room. But once I ask them “Are you ready?” and they shout “Yes we’re ready!” I know that it’s going to be a great performance.

They say their lines in a big confident voice, they dance with cute movements, they make small mistakes but it doesn’t matter because they are enjoying.  I even notice the students making eye contact with each other and actually communicating!  They add actions and gestures to their lines – and it’s all in English!

The parents and grandparents applaud with smiles going ear to ear!

4日目の終わりに、上演の準備ができると保護者の方々を部屋に招き入れます。すると生徒達は急に静かになり、部屋全体がある種の緊張感に包み込まれます。でも、いったん私が「皆、用意はいい?」と声をかけると、「もちろん!」と大きな声が返ってきて、これは素晴らしい公演になると直感するのです。

皆、自分のセリフを自信たっぷりの大きな声で言い、かわいい身振りで踊り…ちょっとしたミスはあっても、そんなのはへっちゃら! だって楽しんでいるのですから。
それどころか、生徒同士がお互いに目で合図しながら実際にコミュニケーションを図っていることも! 自分達でアクションや身振りをセリフに加えているんです、それも全て英語で!

ご両親やおじいちゃま、おばあちゃまも、満面の笑みで拍手喝采!

4日間を通して得たもの

I can’t fully explain the feeling I get when they go through the play at the end. I’m so proud of each and every one of them, and I’m also overwhelmed with amazement. How can these little human beings be able to remember their lines, blocking, songs, dances in just 4 days?! It truly is incredible, and as many watching say “感動”. Watching these students aged 5 years to elementary 4th grade, working together as one team is so satisfying. In just 4 days, I see that everyone has become friends and have created a bond going through this experience together. Each of their personalities come out and I start feeling a sense of sadness coming over me, knowing that after the performance, the course is over. But I will always remember what we achieved, together.

皆が最後にミュージカルを上演する時に私がどんな気持ちになるか、これはもう十分にはお伝えしきれません。生徒一人一人が誇らしく思え、驚きに圧倒されます。こんな小さな子供達がそれぞれのセリフを、立ち位置を、数々の歌を、踊りを、たった4日間で覚えることができるなんて!?

本当にこれは驚くべきことで‟感動”とも言えます。5歳から小学校4年生までの生徒達がワンチームとして一緒に取り組んでいるさまは私にとって大きな喜びでありとてもやりがいを感じます。たった4日間で皆が友達となり、一緒にこれを経験することで絆が結ばれたことがわかります。それぞれの個性が発揮されますが、私にはある種の悲しみが少しずつ襲ってくるのが感じられるのです。だって公演が終われば、このコースは終了してしまうのですから。でも一緒に頑張ってやり遂げたことはいつまでも私の記憶に残ることでしょう。

保護者の皆様から

We asked the parents to give comments about what they thought in a questionnaire.  Here are some of their responses:

保護者の方々に、アンケートでどう感じられたかコメントをお願いしたところ、こんな回答がありましたのでご紹介させていただきます。

 

4日間でミュージカルコースに参加されていかがでしたか? 感想をお書きください。

○行く前は不安がっていまして、親子共々不安でしたが、参観して子供達だけでダンス、動き、歌が成り立っていて感動しました。
○初めて会ったお友達と、短期間でここまでひとつのものを創り上げたことに感動しました。また、子どもたちの適応力の高さに驚かされました。
○想像以上でした。毎日とても楽しそうにしていて、本番はとても頑張っていて、皆驚かされ感動しました。
○初日から子どもたちが、ニコニコ笑顔で帰ってきて、とても充実した時間を過ごしているのだなと実感しました。参加して本当によかったです。
○はずかしがり屋の息子でしたが、毎日楽しそうに通っていて、本当に良かったです!
○たのしくすごしたことはうれしい事です。
○とても楽しく、毎日Super, super, super楽しかった、と言っていました。

本日の発表をご覧になって、お子さんはいかがでしたか?

○今朝、別れる時から「がんばるね」とやる気を見せていて、「パパにも来てほしかったなあ」と言っていたので、あれ?そんなにすごいの?しまったなあと思ったり、
頑張る我が子の成長ぶりを頼もしく思っていたところでした。
正直言って、レッスン室内での発表で、しかも4日間なので「英語に親しんでくれたらいいな」くらいで、ミュージカルにしてはあまり期待していませんでした。
でも、実際に本番が始まると、他の子どもたちの動きもしっかり見て、ノリノリで演技し全身で歌いおどる姿に本当に驚かされ感動しました。
最年長ということもあり、張り切ってお姉さんをしており、本人の自信にもつながったと思います。
○楽しそうでした!!これを機に、人前で英語で発表するはずかしさがなくなればいいなと今は、思います。
○昨夏につづき2回目の参加。まだ恥ずかしがりやは残っていますが、家では弟とハリキっていました。(動作も大きいです)
○思っていた以上に大きな声ではりきってやっていました。すごく楽しそうで、ステキな思い出になりました。
○仕上がりがよくてびっくりしました。
○先生達、子供達が一致団結して取り組んでいてひとつになり、会場の熱気がヒートアップして、とても素晴らしい経験ができたと思います。
○初めてのミュージカルクラスの参加でしたが、自宅に戻ってからも会話に英語が出たり、自然と英語が身についている様でした。何より、とても楽しそうに毎日通えたことに感謝申し上げます。


MLSでは、夏休みや春休みなどに「4日間でミュージカル」コースを開講しています。ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。初めての方、大歓迎です!!

 

(Visited 9 times, 1 visits today)

Julie

MLSプロダクション部 Manager 日本のインターナショナルスクール、イギリスの大学院卒業。 イギリスにいるときにメソッド演技の訓練を受ける。また子供の時からMLSのクラスやプロダクションを受講。MLSドラマメソッドが体に染み込んでいる。 ミニプロダクションの演出から大人ドラマコース、俳優・タレントの指導もしている。