幼児・子供から大人のための英会話〜英会話教室MLS

英語を「自分の言葉」に

英語の日常会話は、よく「中学2年生までの内容が身についていれば、8割方OK」と言われます。その一方、中学や高校などで何年も英語を学んできたのに、いざ「会話」となると全くダメで…という声もよく耳にします。このギャップは一体何なのでしょうか。
原因はいくつかありますが、一番のポイントは「学んだことを、頭で覚えただけ」で止まってしまっていることでしょう。頭で覚えた「知識」は、「経験」を経て、初めて自分のスキルとなります。いくら「ピアノの弾き方」の本を読んで知識を得ても、実際に楽器に触らなければ弾けるようにはなりません。これまでの日本の英語教育で、一番欠けているのが、「英語で自分のことを話し、会話する経験」なのです。
MLS独自の指導法「ドラマメソッド®」によるレッスンでは、英語で「自分のこと」を話す経験をたっぷりしていただきます。いっぱい話して、いっぱい間違えて、いっぱい考えて工夫して…気づいたら、少しずつ英語を「自分の言葉」として話している自分に気づくでしょう。そこが、英語コミュニケーションのスタートラインです。

英語を「自分の言葉」に

 英語の日常会話は、よく「中学2年生までの内容が身についていれば、8割方OK」と言われます。その一方、中学や高校などで何年も英語を学んできたのに、いざ「会話」となると全くダメで…という声もよく耳にします。このギャップは一体何なのでしょうか。
原因はいくつかありますが、一番のポイントは「学んだことを、頭で覚えただけ」で止まってしまっていることでしょう。頭で覚えた「知識」は、「経験」を経て、初めて自分のスキルとなります。いくら「ピアノの弾き方」の本を読んで知識を得ても、実際に楽器に触らなければ弾けるようにはなりません。これまでの日本の英語教育で、一番欠けているのが、「英語で自分のことを話し、会話する経験」なのです。
MLS独自の指導法「ドラマメソッド®」によるレッスンでは、英語で「自分のこと」を話す経験をたっぷりしていただきます。いっぱい話して、いっぱい間違えて、いっぱい考えて工夫して…気づいたら、少しずつ英語を「自分の言葉」として話している自分に気づくでしょう。そこが、英語コミュニケーションのスタートラインです。

コミュニケーション能力の向上

一般的に、外国語の学習には「読む」「書く」「聞く」「話す」の四技能が大切、と言われています。ところが、実はこの「四つの技能」を鍛えるだけでは、なかなか「英語を話せる」ようにはなりません。これら四つの力を総合し、自在に「自分の言葉」として使いこなせるようになるためには、四技能とはまた「別の力」が不可欠です。
普段、私たちが日本語で会話するときのことを思い出してください。「四技能」のことなど、意識しながらしゃべっている人は、おそらくいないでしょう。日常会話において必要とされているのは、どちらかというと「説得力」や、微妙なニュアンスを伝える「表現力」など、「四技能以外の力」ではないでしょうか。
この「四技能以外の力」を「コミュニケーション能力」と呼び、四技能と共に身に付けましょう、英語の「五技能」を伸ばしましょう、というのが、私どもMLSが50年近くにわたって提唱し続けていることです。
「表現力」と言っても、別に舞台のミュージカル俳優のように大げさなアクションで話せと言う意味ではありません。TPOに合わせた的確な表現を選び、その人らしい無理のない話し方で、言いたいことがきちんと相手に伝わる。それが会話に必要な表現力です。「話している内容は間違ってないし、発音だって悪くない、でもなかなか伝わらない」という人は、五番目の力「コミュニケーション能力」を鍛えれば、あっという間に「聞き上手で話し上手」な、真のコミュニケーション上手になれることでしょう。

コミュニケーション能力の向上

 一般的に、外国語の学習には「読む」「書く」「聞く」「話す」の四技能が大切、と言われています。ところが、実はこの「四つの技能」を鍛えるだけでは、なかなか「英語を話せる」ようにはなりません。これら四つの力を総合し、自在に「自分の言葉」として使いこなせるようになるためには、四技能とはまた「別の力」が不可欠です。
普段、私たちが日本語で会話するときのことを思い出してください。「四技能」のことなど、意識しながらしゃべっている人は、おそらくいないでしょう。日常会話において必要とされているのは、どちらかというと「説得力」や、微妙なニュアンスを伝える「表現力」など、「四技能以外の力」ではないでしょうか。
この「四技能以外の力」を「コミュニケーション能力」と呼び、四技能と共に身に付けましょう、英語の「五技能」を伸ばしましょう、というのが、私どもMLSが50年近くにわたって提唱し続けていることです。
「表現力」と言っても、別に舞台のミュージカル俳優のように大げさなアクションで話せと言う意味ではありません。TPOに合わせた的確な表現を選び、その人らしい無理のない話し方で、言いたいことがきちんと相手に伝わる。それが会話に必要な表現力です。「話している内容は間違ってないし、発音だって悪くない、でもなかなか伝わらない」という人は、五番目の力「コミュニケーション能力」を鍛えれば、あっという間に「聞き上手で話し上手」な、真のコミュニケーション上手になれることでしょう。

グローバル・パーソンの育成へ

言うまでもありませんが、英語は言葉であり、基本的にはコミュニケーションのための「道具」です。英語力がついた、話せるようになった…というのは、お料理で例えると、まだ「料理道具一式を手に入れ、レシピを覚えた」だけの状態です。そこから材料を揃え、手に入れた道具と知識を駆使して調理し、おいしいお料理ができ上がって、初めて「身に付けた意味がある」と私どもは考えます。
MLSでは、創立以来50年近くにわたり、多くの生徒さんを送り出して来ました。その中の多くの方が、MLSで培った「英語コミュニケーション能力」を武器に、世界を舞台に活躍されています。ごく普通の日本のご家庭に生まれ育った方が、国連本部で仕事をしたり、海外でビジネスを始めたり、ブロードウェイ・ミュージカルに出演したり… もちろん、そんな「華々しい」舞台でなくても、就・転職や進学に役立った、趣味の世界が広がった、など、嬉しいご報告をたくさんいただいています。
海外の方と気軽にコミュニケーションを取ることができるおかげで、「世界が広がった」と言っていただけることが、私どもには何よりのご褒美です。世界を股にかけるビジネスマンでも、街中で困っている外国人を助けるだけでも、それぞれのフィールドで世界中のどんな人とも分け隔てなく交流できる。そんな真のグローバル・パーソンを育てることが、私どもMLSの使命と考えています。
単なる「連絡」なら、携帯やEメールで済ませられるようになった現代。だからこそ、世界で求められているのは「単なる英語力」を超えた人と人がつながる「真の英語コミュニケーション能力」です。今後とも、MLS独自の指導法「ドラマメソッド®」をますますブラッシュアップし、一人でも多くのグローバル・パーソンを育てるべく、講師・スタッフ一同、常に努力を続けてまいります。

グローバル・パーソンの育成へ

 言うまでもありませんが、英語は言葉であり、基本的にはコミュニケーションのための「道具」です。英語力がついた、話せるようになった…というのは、お料理で例えると、まだ「料理道具一式を手に入れ、レシピを覚えた」だけの状態です。そこから材料を揃え、手に入れた道具と知識を駆使して調理し、おいしいお料理ができ上がって、初めて「身に付けた意味がある」と私どもは考えます。
MLSでは、創立以来50年近くにわたり、多くの生徒さんを送り出して来ました。その中の多くの方が、MLSで培った「英語コミュニケーション能力」を武器に、世界を舞台に活躍されています。ごく普通の日本のご家庭に生まれ育った方が、国連本部で仕事をしたり、海外でビジネスを始めたり、ブロードウェイ・ミュージカルに出演したり… もちろん、そんな「華々しい」舞台でなくても、就・転職や進学に役立った、趣味の世界が広がった、など、嬉しいご報告をたくさんいただいています。
海外の方と気軽にコミュニケーションを取ることができるおかげで、「世界が広がった」と言っていただけることが、私どもには何よりのご褒美です。世界を股にかけるビジネスマンでも、街中で困っている外国人を助けるだけでも、それぞれのフィールドで世界中のどんな人とも分け隔てなく交流できる。そんな真のグローバル・パーソンを育てることが、私どもMLSの使命と考えています。
単なる「連絡」なら、携帯やEメールで済ませられるようになった現代。だからこそ、世界で求められているのは「単なる英語力」を超えた人と人がつながる「真の英語コミュニケーション能力」です。今後とも、MLS独自の指導法「ドラマメソッド®」をますますブラッシュアップし、一人でも多くのグローバル・パーソンを育てるべく、講師・スタッフ一同、常に努力を続けてまいります。

(Visited 304 times, 1 visits today)