幼児・子供から大人のための英会話〜英会話教室MLS

「英語を学ぶ」と言うより「英語で」色々学んでみよう! ① - 英語で算数 –

「英語を学ぶ」と言うより「英語で」色々学んでみよう! ① - 英語で算数 –

効果的な英語学習のヒント

英語に限らず、外国語の効率的な学習法の一つに、
自分の好きなことをテーマに学ぶ、という方法があります。

例えばサッカーが好きなら、自分の好きなチームについての英語の記事を読むとか、
音楽が好きなら外国人アーティストの歌詞を原語で学んでみるとか…

好きなことなら学ぶこと自体が楽しくなり、きっと長続きすると思います。

と言うことで、英語を学ぶと言うより、
英語「で」色々なことを学ぶきっかけとなれば、と思い、
算数や理科・社会・音楽など、小学校で習う教科を題材に取り上げて、
簡単な英語クイズを作ってみました。

日頃身近に感じている単語でも、いざ「英語で言えるか」となると、
意外と知らない…ということが多いのでは?

まずはゲーム感覚で挑戦してみてください!

 

英語で算数に挑戦!

以前ICU(国際基督教大学)のある教授に聞いた話ですが、
「外国語を学ぶときは、その言語でものを考えるクセをつけると良い。
オススメなのは、簡単な計算を頭の中でずっと考えていることだ」
とのことでした。

例えば電車に乗っている時などに、「2+3=5、6×4=24、54÷6=9…」のように、
思い付くままに頭の中で英語で唱えてみる…という感じです。

…というところで、もう引っかかる方もいらっしゃるかも知れません。

これらの計算式、英語で正しく言えますか?
いくつか言い方はありますが、中学校で教えそうな書き方だと;


・2+3=5:Two plus three equals five.

・6×4=24:Six times four equals twenty-four.

・54÷6=9:Fifty-four divided by six equals nine.


…という感じでしょうか。”equals”の代わりに”is”とか”are”と言うこともあるし、
かけ算は”times”の他に”multiplied by”という言い方もあるし、割り算も”over”も使えるし…

 

二桁の数字も、”twenty-four”のようにハイフン(-)を付けるのが正式表記とされているようですが、
いま日常目にする英文では、ほとんどが”twenty four”のようにハイフン無しだし…

どれが間違いという訳ではなく、色々な言い方・書き方がある、という感じです。
ご自分のやりやすい方法で、「頭の中で唱える」をやってみてはいかがでしょうか。

 

 

問1:四則演算

以下の単語を英語で言えますか?

 

①足し算

②引き算

③掛け算

④割り算

 

上に出て来た”plus”とか”minus”とかは、使いません。掛け算・割り算は、上の「計算式」の英語が大きなヒントになります。お分かりになりますか?

 

 

答1:

①足し算:addition “add”は加える・合計するという意味の動詞で、その名詞形

②引き算:subtraction 足し算と同様、“subtract”(引く・減じる)の名詞形

③掛け算:multiplication “multiply”(増やす、掛ける)の名詞形

④割り算:division 「部署」みたいな意味もありますが、”divide”の名詞形

 


 

いかがでしょうか。

英語で学校教育を受けたことがないと、あまり目にしないかも知れませんね。
知らなかったという人も多いのでは?

音楽好きな方は、もしかするとイギリス人シンガーのエド・シーラン(Ed Sheeran)さんの
アルバムタイトルで知ってる、という方もいらっしゃるかも?

 


 

また“multiplication table”と言うと、日本で言う「九九の表」みたいなもの。
英米では、12×12の表が一般的だったりします。

 

これは十二進法(duodecimal)の名残と思われます。

現在の世界の主流は十進法ですが、一年は12ヶ月だし、一日は12×2で24時間、
1ダース(12個)や1グロス(12ダース=144個)などという単位もあるし…
実はとても身近なものなんです。

英語で数を数えるとき、10:ten、11:eleven、12:twelveまで「一語」の単語があるのも、
12進法の名残と言われています。

13:thirteen以上は「10+3」が元になっていて、一語の単語ではない、という訳です。

 

「十二進法を主流にしろ」と主張する人々もいて、そういう人は
「”duodecimal”という呼び名は、十進法(decimal)のついでみたいでイヤだ」
と言って、”dozenal”という言い方をするそうです。

1ダースを英語では”dozen”と表記しますが、「1ダース基準」ということで”dozenal”です。

 


 

さて、今は四則演算でしたが、その結果求められる「答え」は、英語で言えますか?

 

問2:和・差・積・商

以下の単語を英語で言えますか?

 

①和(足し算の結果)

②差(引き算の結果)

③積(掛け算の結果)

④商(割り算の結果)

 

…まず第一に「和・差・積・商」を忘れていた、という方もいらっしゃるかも?(^ ^;

英語でも、馴染みのない方が多いかも。

答2:

①和:sum

②差:difference

③積:product

④商:quotient

 

“sum(和)”は、コンピューターでエクセルなどを使う方は、
「ここからここまでの数字を足す」という関数でよく目にするかと思いますが…

他は見たこともない、という方もいらっしゃるのでは?(^ ^;

 

③の”product(積)”など、工場で何か製品を作っているような印象ですが(^ ^;


The product of 6 and 2 is 12.(6掛ける2の積は12)


みたいな使い方をします。

 

せっかくなのでもう少し、今出てきた「関数」は、英語で言えますか?

 

問3:身近な言葉が数学用語?

以下の単語を英語で言えますか?

①関数

②面積

③m2(平方メートル)

④体積

⑤m3(立方メートル)

 

正解は、結構カタカナでも身近な単語です。ただ、知らないと、結びつかないかも…

 

答3:

①関数:function

②面積:area

③m2:square meters

④体積:volume

⑤m3:cubic meters

 

エリアとかボリュームとか、もう日本語として定着してますよね。
でも、面積とか体積とかいう意味があるということは、意外と知られてなかったりします。

 

①の”function”ですが、日本語の「関数」は元々は「函数」と書き、これは中国語から輸入された単語です。
fそして中国語の「函数」自体が、英語の”function”の「音」を漢字で表したもの。
ということは、日本語の「関数」は、英語の”function”が「流れ着いた」ものと言えます。

「かんすう」と「ふぁんくしょん」、何となく音も似てると思いませんか?(^ ^;
※中国語読みだと、さらに「ふぁんくしょん」に近い音です

 

問4:日本語ではよく使うけど…?

以下の単語を英語で言えますか?

①四捨五入

②素数

③四角形

④楕円形

⑤球(きゅう)

 

①四捨五入は、日常会話でもよく出てきます。

③はちょっとだけ「引っかけ」と言えるかな…

⑤も、”ball”ではなく、「球体」という意味の単語…分かりますか?

 

 

答4:

①四捨五入:四捨五入する、という動詞が”round”

②素数:prime number

③四角形:quadrangle

④楕円形:oval または ellipse

⑤球(きゅう):globe または sphere

 

①は、日本語でも「端数を丸めて」という言い方をしますが、それと全く一緒です。
名詞だと”rounding”。

ちなみに切り上げは”round up”、切り捨ては”round down”と言います。

 

③の四角形、意外と多くの方が”square”と思っているようですが、”square”は「正方形」のこと。

ちなみに長方形は”rectangle”、”quadrangle”は辺の長さや角度に関係なく、
どんな四角形でも”quadrangle”です。
三角形を”triangle”と言う、”tri”が「3」のことで、”quad”が「4」のこと、
どちらもラテン語がベースですね。

 

④楕円形は、日常会話ではほぼ”oval”でいけると思います(^ ^;

“ellipse”も⑤の”sphere”も数学用語で、学校の外ではあまりお目にかかりません。
ちなみに⑤の”globe”も”sphere”も、語源は「地球」から来たようです。
地球が球体の代表なんですね(^ ^

“glove”には「地球儀」という意味もあります。

終わりに

いかがでしょうか。いくつお分かりになりましたか?

ここに取り上げた単語は、日本語ではよく目にするけど、
あまり学校で習わないものだと思います。

冒頭の「頭の中で数式を唱える」のと同じように、
日常生活の中で目にするものを「これを英語で言えるかな」と自問するのも、
外国語の習得には有効です。

そしてちょっと分からない単語があったら、すぐ辞書を引くことを習慣づけると、
どんどん語彙力をつけることができます(^ ^

 

無理やり覚えさせられるのではなく、自分で興味・疑問を持ったことを能動的に調べていくと、
きっと覚えるのも早いと思います。

一度調べた単語を忘れてしまっても、二度・三度と引いていく内に、
「これ、前にも調べたな」という記憶と共に定着すると、不思議と忘れなくなります。

ぜひ色々なものに興味を持って、英語に結びつける「クセ」をつけてください!

(Visited 9 times, 1 visits today)

代々木仙人

MLS本部の奥底に巣くう謎の呑兵衛。 幼稚園中退。元MLS生徒。 留学経験などはゼロだが、TOEIC 900点オーバー。